前へ
次へ

弁護士として独立してみてはいかが。

司法制度改革が行われて以来,司法試験合格者数が増え,資格をとってもなかなか就職先の法律事務所が決まらないという話を耳にします。地方ではまだそれほどではないようですが,東京では特に顕著なようです。そんな場合は,即時に独立することを考えてみてはいかがでしょうか。いきなり独立となると不安を感じることと思います。でも,司法修習時代に法律事務所での実地研修も経験しているはずですし,起案の練習も修習所でやっているはずです。日本弁護士連合会が出している「即時・早期開業マニュアル」も大変役に立つものです。独立すれば,全てにおいて,弁護士として自分で責任を持ち,自分で判断しないといけません。でも,自分で好きなように自由に仕事をできるといったメリットもあります。もし,司法試験に受かったなら,独立して弁護士をやることも考えてみてはいかがでしょう。

top用置換

top用置換2
Page Top